2005年10月17日

買収騒動B

さて、この先どうなるのか。

過去2回、広島カープのライブドアによる買収騒動に関して
書いてきた。

関連記事@:買収騒動@

関連記事A:買収騒動A

これで「買収騒動」は終幕とできるんでしょうか?


ここに来て、ライブドア堀江社長は、
カープ買収を否定と来た。

参考記事:デイリースポーツ

ただ、ここで安心してはいけないと思う。

ホリエモンがどんな言動を取るか、ってこともそうだし、
問題なのは広島カープだけじゃない。

横浜ベースターズがどうなるのか。
千葉ロッテマリーンズがどうなるのか。

球界全体のことを考えてみたら、
今のまま2リーグ12球団が存続できるのか、よく分からん状況にある。


阪神・岡田監督ですら失言しちゃうし、
それでも敏感過剰に反応するマスコミもどうなのかと…

また、広島カープにとってみても、
ライブドアの買収危機から逃れたからといって、
安心してはいけないはずだ。

今後またこんなことが出てくるかも知れないし、
ファンは今の経営状態・方針には相当の不満を持っている。
もちろん、松田オーナーの人柄・方針然りだ。


良いきっかけなんだから、
もっと考えてみたらいい。

マツダ(株)に増資を募るもありでしょう。

その他、在広島の会社に増資を募るもありだと思う。

資本力を増強して、
集客できるようなPR展開を進め、もっと来てもらう。
そうしないと、それこそ毎年赤字になるからね。

多分、まだまだ広島カープは企画力・PR力等などで、
うまくいってなかったり、下手糞な部分もあると思う。

色んな意味で見直すきっかけになるのは間違いない。
posted by ポンケッタ at 19:44| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 広島カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
金さえあれば何でもすると思ってませんか?
ホリエモンを見くびりすぎですよ。
なんでも屋じゃないんですから。
近鉄だって買ってくれと言われたから手を出したわけで。
新規参入だって、しょうがなく名乗り出ただけですよ。
結果、楽天が出てくるまで繋いだわけですしね。
むしろ、感謝するべきでしょう。


Posted by ADvancation at 2005年10月17日 20:25
>ADvancation様
コメントありがとうございます。何処のどなたか分からないので、自分のところにコメントするという形で失礼します。
個人的に、ホリエモンは、金さえあれば何でもすると思ってます。しかしそれだからといって、決して見くびっているという訳ではございません。色んな経営者がいて当然だし、会社としても色々あって当然の世の中です。資本主義ですから。しかし、個人的に彼の会社の方針が見えにくいだけです。短期にしろ、中長期にしろ、どうしたいが為に近鉄やら新規参入やら、今回のカープの騒動となったのか。野球問題だけではありません。何のための宇宙ビジネスなのか。よく分からないだけです。僕はライブドアの人間でもありませんので、「新規参入だってしょうがなく名乗り出ただけですよ」のような断言はし兼ねます。一個人として情報を受け取った際、そう思ってしまうような情報発信の仕方が存在するという風に考えております。
Posted by ぽんけった at 2005年10月17日 20:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

どうなる広島カープ
Excerpt: まだ話が具体化している訳ではないので、何ともいえませんが ホリエモンが動き出してきたようですね。 堀江ライブドア、広島買収調査に動く ただ松田元オーナーは堀江氏の接触を否定しています。 堀江氏..
Weblog: 無きにしも非ず
Tracked: 2005-10-17 23:10
LinkShare アフィリエイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。